自動車整備工場でおすすめする入庫促進施策一覧を徹底解説

自動車整備工場経営において、安定した入庫台数を確保することは極めて重要な課題です。

現代において、自動車整備市場における競争は激化しています。何もしなくても自動車ユーザーが自然と足を運ぶことは期待できません。自動車ユーザーに自社を選んでもらうための効果的な施策を打ち出していく必要があります。

しかし、効果的に集客を行う方法について、多くの経営者が頭を悩ませていることでしょう。本記事では、集客を促進するための方法として「認知度向上施策」「来店促進施策」「リピート来店施策」の3つのテーマに焦点を当て、具体的なアクションを紹介します。自動車ユーザーを集客して入庫台数の確保、売り上げの安定化を目指す経営者の方々にとって参考になるでしょう。

目次

自動車整備工場を自動車ユーザーに知ってもらうための入庫施策一覧

集客戦略の基本となるのは、お客様に自社について知ってもらうことです。

多くの自動車整備事業者が類似のサービスを提供する現在、他社との違いが自動車ユーザーから見てもわかりにくくなっています。そのため、自社の特長や強みを効果的にアピールすることは必要不可欠と言えるでしょう。

現代では、新しい情報やサービスを調べるときにインターネットが使われています。このため、インターネット上で見つかる情報を充実させることが、自動車整備工場の集客戦略に欠かせません。

WEBサイト作成

インターネット上で自社について知ってもらうためには、WEBサイトを作ることが効果的です。小規模な自動車整備工場の中には、自社のサイトがない会社や、長期間サイトを更新せずに放置している会社も多くあります。

しかし、現在ではほとんどの自動車ユーザーが、インターネットで会社について調べてから入庫します。サイトが無い、もしくは更新されていないサイトが放置されているという状態はおすすめできません。このような状況の方は、まずサイトを整備することから始めていきましょう。

サイトを作成する際には、以下の点に注意しましょう。

・スマートフォンに対応しているWEBサイトを作る
パソコンではなくスマートフォンで検索することが多くなった現代、パソコンにしか対応していないサイトでは、目に留まることが少なくなってしまいます。

・ユーザーが求める情報を簡潔かつ明瞭に掲載する
自社のサービスについて紹介するサイトでは、サービスメニュー、価格、実績などを分かりやすく表示することが大切です。視覚的な要素も利用し、見ただけで情報が理解できるデザインを心がける必要があります。

・安心感をアピールする
スタッフの写真や作業風景など、会社の中の様子を写真で掲載することで、ユーザーの不安感を解消できます。また、整備を受けた自動車ユーザーの声などを掲載することで、信頼と透明性が伝わります。

・サイトから車検や修理の予約ができるようにする
自動車ユーザーがすぐに申し込めるように、予約フォームがあるとよいでしょう。また、お問い合わせや資料請求のボタンを目立つ位置に配置することは、集客に効果があります。

豪華で複雑なデザインのサイトは必要ありません。それよりも、自動車ユーザーにとって必要な機能と効果的なコンテンツをインターネット上で提供できることが大切です。

MEO対策

MEO対策とは、Googleで「エリア名+自動車整備工場」と検索すると表示されるGoogleマップに、自社の店舗を掲載する戦略のことを指します。

この手法は飲食店や美容院では一般的ですが、自動車整備工場で利用している事業者はそれほど多くありません。そのため、大きな効果を期待できます。自動車ユーザーの多くは、近場の自動車整備工場を探す際に、「エリア名」と「自動車整備工場」というキーワードで検索します。その際に上位に表示されることは、非常に効果的です。

Googleマップに店舗情報を表示させるためには、「Googleマイビジネス」へ登録する必要があります。登録は無料で、簡単に行うことができます。ここで重要なのは、登録の際にすべての入力項目を正確に埋め、作業風景やスタッフの様子を撮影した写真を掲載し、定期的に内容を更新することです。

Googleマップ上では、ユーザーからの評価が口コミとして掲載されます。口コミは、自動車整備を頼むときの判断材料になるため、高い評価を維持する必要があります。もちろん、虚偽の口コミを作成するのはご法度ですが、定期的にサービスを利用してくれるお客さんに評価を頼むのは良いアプローチです。

WEB広告

Google AdsやFacebook広告などのWEB広告は、ターゲットとなる見込み客にダイレクトにアプローチできる手法です。

当然のことながら、サイトを作成するだけでは見てもらうことができません。サイトに来る経路は検索サイトが大部分を占めています。そのため、狙ったキーワードで上位表示されるようにする必要があります。

狙ったキーワードで上位表示を狙う施策をSEO対策といいます。SEO対策は効果が出るまでに時間がかかり、専門知識がないと成果につながりにくい手法です。

一方、WEB広告はかならず検索結果の上部に表示されます。申し込みが承認されればすぐに上位表示されるので即効性が期待できます。また、広告表示のエリア設定が可能なので、自社の近隣住民に絞って情報を伝えることができることも大きなメリットです。WEB広告では、キーワードごとに1クリックごとの単価が設定されています。予算内で、効果が高いキーワードを探っていくとよいでしょう。

WEB広告ではターゲット設定や運用も大切ですが、広告をクリックしたユーザーに表示されるページのコンテンツも非常に重要です。WEB広告に予算をかけて集客しても、リンク先のページが整備されていなければ、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。WEB広告を効果的に実施するためには、広告のリンク先であるランディングページ(LP)のデザインが重要です。LPではキーワードとの関連性や、見た目のインパクト、ページ内のメッセージを読ませるためのライティングスキルなども必要です。

通販企業では専用のLPを作り、広告から来たユーザーの反応を取る仕組みを作り込むほどです。自動車整備工場のLPでは、そこまで作り込む必要はありませんが、広告から来店につなげるためのステップを事前に検討しておき、必要な情報や資料などを準備しておきましょう。

ポータルサイト・比較サイトへの掲載

自動車の整備や修理に特化したポータルサイトや比較サイトに自社のサービス情報を掲載することで、問い合わせの件数を劇的に増加させることが可能です。ポータルサイトの一例として、以下のようなサイトが挙げられます。

・くらしのマーケット https://curama.jp/
・ミツモア https://meetsmore.com/
・車検ナビ https://www.tokoton-navi.com/
・価格.com車検 https://kakaku.com/kuruma/shaken/

一般的に、不動産や中古車の一括査定サービスは広く知られており、利便性から多くの企業がこれらのサービスに登録しています。自動車の整備や修理においても同様の効果が期待できるため、積極的に利用を検討すべきです。

掲載自体に費用はかからず、見積もり依頼や予約申し込みが発生した際にのみ料金が発生する成功報酬型のサービスも存在します。料金体系をよく確認しておく必要があります。

チラシ配布

地域に密着した宣伝として、チラシ配布は高い効果があります。特に、キャンペーンや特別割引を提供する際は、近隣住民への直接的なアピール手段となり得ます。

チラシ作成コストは、最近では非常に安くなっています。制作に関しても、最近では無料のデザインテンプレートが多く公開されています。テンプレートを使えば、デザインが簡単に作成できます。

基本的なデザインは自社で行い、プロのデザイナーに仕上げてもらうことで、コストを抑えつつ、高品質なチラシを作ることができます。

折り込みチラシかポスティングかによって、配布コストは大きく異なります。複数の見積もりを取得して検討する必要があります。なお、顧客データを適切に分析することで効果的な配布エリアを特定し、チラシ配布の効果を最大化することが可能です。

自動車整備工場に来てもらうための入庫施策一覧

顧客に自社の存在を知ってもらうだけでなく、積極的に自動車整備工場を訪れてもらう工夫も重要です。

一般の自動車ユーザーにとって、自動車整備工場は普段訪れる機会の少ない場所です。何らかのきっかけがなければ訪問することは少ないでしょう。自動車ユーザーが自発的に訪問したくなるようなアプローチや仕掛けを自動車整備工場側で提供して、新たな顧客を増やしてビジネスの拡大を図りましょう。

整備工場の建て替え

一般の方は自動車整備工場を作業場として認識しており、、入りづらいイメージを持っていることでしょう。特に、長年続く整備工場は、建物の老朽化が進み、近寄りにくい雰囲気を感じさせてしまうことがあります。

整備工場をモダンにリニューアルし、親しみやすいデザインに建て替えることで、自動車ユーザーが入りやすくなります。清潔で安心感のある環境は、顧客との信頼を築く手助けとなるでしょう。併せて最新の設備を導入すれば、新規顧客の獲得にもつながり、人材の確保にも寄与します。

ただし、建て替えには相当な資金が必要です。資金調達や返済計画の策定、建て替え工事中の営業停止に伴う損失の管理など、計画的に進めなければなりません。

無理な投資は資金繰りに悪影響を及ぼし、事業の目的を見失うことにつながります。建て替えの検討は、専門家に相談しながら慎重に進め、資金調達方法や返済計画、リニューアル期間中の営業計画を自社の状況やニーズに合わせて決めていく必要があります。

体験会・セミナーを開く

自動車整備工場に訪れる機会が少ない自動車ユーザーとの関係を構築する手段として、自動車のメンテナンスや安全運転についてのセミナーや体験会の開催は、大変効果的です。

多くの自動車ユーザーは、自動車の定期点検や日常の保守についての重要性や知識を十分に持っていません。自動車整備の専門家として、正しい知識や安全運転のテクニックを伝えることで、信頼関係を築くことができます。具体的なテーマとしては、「高齢者のための安全運転術」「自然災害から車を守る方法」「猛暑における車のメンテナンス」など、近年話題となっている出来事につながる内容が最適です。

セミナーや講習会の開催だけでは集客が難しい場合は、整備キャンペーンやプレゼント企画と組み合わせて行うことをおすすめします。セミナーの参加者に対して、自動車整備の技術や料金体系についての資料を配布し、無料相談も実施しましょう。次回以降に利用可能なクーポンなどを配れば、新しい顧客獲得のチャンスも広がります。

キャンペーンの実施

多くのユーザーにとって、自動車整備工場は自動車が故障やトラブルを起こしたとき以外には縁のない場所です。普段は意識されることがないため、自動車整備工場が自動車ユーザーへ積極的にアプローチをして、来店のきっかけを作る必要があります。

きっかけ作りの例としては、季節ごとの点検や初回来店割引などのキャンペーンが挙げられます。無料点検やプレゼント特典を組み合わせることで、自動車ユーザーが来店しやすい環境を作ることができるでしょう。

なお、キャンペーンの企画はもちろん重要ですが、それをどのように告知して、ユーザーに知ってもらうかはさらに重要です。メール・SNSで定期的に情報を発信し、リアルタイムで情報を提供し続けていることは、キャンペーンの成功に直結します。積み重ねることで強固な顧客関係を築くことができ、ビジネスの成果へとつながることでしょう。

自動車整備工場との関係を深めてもらうための入庫施策一覧

自動車整備工場へ定期的に来店する自動車ユーザーを増やすことが大切です。そのための施策として、公式LINEの活用やメンテナンスパックの導入が考えられます。これらの施策は、顧客とのつながりを増やし、継続的な関係を作りあげることができます。

公式LINE

日本国内のLINEユーザー数は9500万人以上と推定されており、ほとんどの人がLINEをコミュニケーションツールとして用いています。そのため、LINEを利用したマーケティング戦略は大変効果的です。LINEを通じてユーザーに直接発信することで、車検やメンテナンスのリマインダーや新サービス、キャンペーン情報を効果的に伝えられます。

ビジネス向けのLINEアカウント、すなわち「公式LINE」では、一斉送信やステップメール、クーポン機能など、顧客エンゲージメントと販促に有効な機能を提供しています。無料アカウントからも利用可能ですので、まずはフリープランからスタートし、利用状況に応じて有料プランに移行すると良いでしょう。

公式LINE運用のコツとしては、ユーザーからのブロックを避けるため、読み手が価値を感じる情報を配信することが重要です。配信頻度が高くなりすぎないようにしつつ、登録者数を増やすようにしましょう。

コンテンツが優れていても、登録者がいなければ集客効果は期待できません。ユーザーに対してLINE登録のメリットを伝え、登録を促すことが大切です。

メンテナンスパックの導入

メンテナンスパックの導入も、定期的な入庫を増やすために効果的な施策です。

メンテナンスパックには、定期点検や消耗品の交換といったさまざまなサービスが含まれています。自動車ユーザーはサービスを受けるため定期的に入庫する必要があります。メンテナンスパックの導入によって、入庫数が安定し、一定の売り上げを確保できます。顧客との接触機会も増えるため、メンテナンスパック以外の売り上げが上がる機会も生まれます。

ただし、メンテナンスパックは主にディーラーが新車販売時に提供するサービスです。自動車整備工場が同様のサービスを提供するだけでは、市場での差別化は難しいでしょう。また、メンテナンスパックを導入することで、サービスを利用する自動車ユーザーとのコミュニケーションやサービスを利用していない自動車ユーザーの対応に、追加の手間や時間を要する可能性があります。

そのため、自社に適したメンテナンスパックの内容を検討し、運用の効率化とコスト削減の策を講じることが、導入する際に必要です。

自動車整備工場の入庫施策で高い成果を得るためのポイント

入庫を促進するための施策を実施する際の要点は、顧客データの電子化にあります。車検のタイミングや顧客の属性に関する情報を電子化して管理することで、効果的、効率的な販促活動を展開できます。顧客データを蓄積・分析することで、それぞれの自動車ユーザーに合わせた施策を展開することが可能となり、さらに効果的な顧客エンゲージメントが期待できます。

既存顧客と新規顧客情報を電子化して整理する

整備工場においては、顧客情報を紙で管理している工場が少なくありません。顧客情報をデジタル化し、一元管理することで、入庫促進の施策の効率が大幅に向上します。

例えば、顧客ごとに車検案内をする際、紙で管理している場合はそれぞれの車検のタイミングを個別に確認する作業が必要です。しかし、データが整理されていれば、車検の案内が必要な顧客リストをすぐに出力できます。通知やお知らせの送信に顧客データを使用すれば、宛名を手書きする手間が省けます。顧客情報のデジタル化は、マーケティング活動を効率的、効果的に行うためには必要不可欠です。

情報を整理・分析して、最適な入庫施策を実施する

電子化された顧客データを分析することで、効果的な施策やターゲットにするべき顧客層が明確になります。

例えば、売り上げに大きく貢献している顧客グループを特定し、これらの優良顧客に対してキャンペーンの案内を増やすといった施策を展開することが考えられます。一方、一定期間接触がなかった顧客を特定し、これらに対して点検の案内や割引サービスを展開することも可能です。

顧客の好みや年齢層、家族構成、居住地域、車の種類や購入からの年数など、多岐にわたるデータを正確に記録しておくことで、それぞれの顧客に適した施策を計画し、実施できるでしょう。

まとめ

この記事では、自動車整備工場における入庫促進施策と重要性について詳しく紹介しました。売り上げを安定させ、円滑に経営を進めるためには、効率的かつ効果的な集客戦略が不可欠です。予算や人材といった限られたリソースの中で、さまざまな施策を実施し、自社の状況に最適な方法を見つけ出しましょう。

特に、業務のデジタル化やWEBへの適応は、現在のビジネスや将来に向けた展開を考えると極めて重要です。自社WEBサイトの管理や顧客データのデジタル化には、計画的に取り組むことが必要です。

自動車販売、自動車整備事業者に特化した事業支援サービスを提供するビズピットでは、自動車整備工場に関するさまざまな相談を受け付けています。自動車整備工場の入庫促進施策などの集客に関する施策についても詳しく説明させていただきますので、ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

初回相談は無料ですので、集客についてお悩みの自動車整備事業者の方は、以下からお気軽にご相談ください。

その他にも詳細な情報が掲載されているホワイトペーパーを公開しております。ぜひご覧ください。

⇩ホワイトペーパーを無料で取得する⇩
第一弾「自動車整備業界の未来 現状と今後の展望への対応について」
第二弾「自動車整備業界のDX 手間をかけずに利益を増やすITの活用」

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次