予防/予知整備とは?売り上げアップにつながる理由も解説

製造現場で活躍する機械や設備は、故障や不具合が発生すると整備に支障が出てしまい、場合によっては大きな事故や、機会損失を招きます。機械のメンテナンスは安全性や信頼性を保証する上で不可欠です。機器の検査を定期的に行うことはもちろんのこと、部品を一定期間ごとに交換するなどの予防保全を実施することが大切です。また近年では、センサーによって記録されたデータを通じて故障の前兆を検知し、早期の保全措置を講じる予知保全のアプローチも取り入れられています。

「予防保全」と「予知保全」の戦略は、自動車の整備分野にも応用することが可能です。予防整備や予知整備を導入したことで、売り上げの向上につながった例もあります。

自動車整備業界においても、自動車が故障するよりも前にメンテナンスを行うことで、故障してから修理するよりも低いコストで自動車を維持できます。この記事では自動車整備における予防・予知整備の考え方について詳しく解説します。

目次

予防保全・予知保全の概要

そもそも、「予防保全」と「予知保全」とは何でしょうか。一般的には、製造業で生産効率を高めるために不可欠なメンテナンスの考え方を指します。

予防保全や予知保全によって故障による生産の中断を最小限に抑え、機械の稼働率を高めようとしています。ここでは、それぞれのアプローチがどのようなものか説明します。

予防保全とは

予防保全とは、機械や設備が故障する前に、計画的にメンテナンスを行うことです。突然の機械の故障による生産停止や製品の品質低下を未然に防ぎます。

予防保全はただの点検とは異なり、定期的な検査だけでなく、使用期間に基づいた部品の交換も含まれます。

効率的な予防保全計画は、機械の稼働状況と故障リスクの評価に基づいて作成されます。これにより過剰な部品交換や無駄なメンテナンス作業を避けられ、不必要なコストを発生させない運用が可能です。生産効率の向上、コスト削減につながるでしょう。

予知保全とは

予知保全とは、機械や設備の運用中のデータ監視と分析を通じて、将来の故障を予測し、計画的な保守活動を可能にする保全方法です。故障の予兆を早期に見つけだし、予期せぬ停止を回避することを目的としています。

具体的には、機械や設備に取り付けられたセンサーを利用して、振動や音などのデータをリアルタイムで収集します。収集したデータをAI(人工知能)を活用して過去のパターンと比較し、異常値を検出することで故障を予知します。

すなわち、製造業における予知保全とは、保全活動が必要なタイミングをAIが特定し、故障する前に適切なメンテナンスを促すものです。これにより、計画外のダウンタイムや生産損失を防ぎます。

ただし、効果的な予知保全システムを構築するためには、センサーの適切な配置、データ収集システムの構築、そしてデータ分析とアラート発信を行うAIシステムの導入が必要です。これらの技術的投資と故障予測によるメンテナンスコストの削減とのバランスを精査することが、予知保全を行う上で重要です。

予防保全と予知保全の違い

予防保全はメンテナンスを計画的に実行することであり、定められたスケジュールに従って点検や部品の交換を行います。使用状況にかかわらず一定期間ごとに部品を交換するため、実際にはまだ機能する部品が無駄に交換されるケースも多くあります。効率的な予防保全のためには、部品の耐久データや実際の運用状況、設備の老朽化の度合いを総合的に分析し、メンテナンスの頻度を最適化する必要があります。

一方で、予知保全は故障の予兆をリアルタイムで検出し、問題が発生する前にメンテナンスを実施することです。正確なトラブル予測が可能となれば、不要な部品交換や過剰な点検を削減し、機械や設備の持続的な運用を実現します。しかし、予知保全に必要なシステムの導入が必要であり、予知保全によって避けられるメンテナンスコストとの経済的なバランスを取る必要があります。

予防・予知保全は自動車整備にも応用できる

製造業で重要視される「予防保全」と「予知保全」は、自動車整備にも応用することが可能です。予防保全や予知保全の考え方を自動車整備に取り入れることで、整備不良による自動車事故やトラブルを未然に防ぐ効果的な運用が期待できます。

自動車整備における予防整備とは

自動車整備における予防整備とは、自動車が故障することを防ぐために計画的かつ定期的に実施されるメンテナンスのことです。車を常に最適な状態に保ち、信頼性と安全性を長期にわたって維持することを目的とします。

予防整備の考えを取り入れた自動車整備では、半年ごと、または一定の走行距離を経過するごとに、専門の整備士による検査を受けることになります。点検時には、タイヤ、ブレーキパッド、ベルト、フィルター、オイルなど、消耗品や摩耗しやすい部品を確認し、状況に応じて交換を行います。これにより、よく使用する部品の劣化を防ぎ、重大な故障につながるリスクを減らします。

なお、予防整備の実施は事故のリスクを下げるだけでなく、経済的な利点も期待できます。自動車ユーザーの多くは「故障したら修理すればよい」と考えがちですが、修理費用が予想よりも高額になってしまう可能性があります。定期的な予防整備を行うことで突然の出費を防ぎ、万一の故障が生じた場合でもその範囲を最小限に抑え、修理費を少なくできます。すなわち、予防整備は長期的な視野で見れば合理的かつ経済的な投資になるのです。

自動車整備における予知整備とは

自動車整備における予知整備は、自動車にセンサーを取り付け、得られたデータを解析して将来の不具合を予測し、事前にメンテナンスを行う方法です。センサーを通じて継続的に収集される大量のデータをAIが分析し、潜在的な故障を予測します。必要な部品のみを交換・修理し、整備作業の効率化とコスト削減を実現します。

事前にメンテナンスが必要な箇所を特定し、計画的な対策を実行することで、自動車ユーザーは急な故障に伴うストレスや予期せぬ修理コストに直面する可能性を大幅に減らせるというメリットがあります。適切な時期に整備を実施することで、自動車を長く使用できるようになります。

予知整備は自動車整備事業者と自動車ユーザーの両方にメリットがある整備方法であることが分かります。トラブルが発生する前に適切な整備を実施することは、自動車を維持・管理するための大切な考え方になるでしょう。

自動車整備事業者が予防整備・予知整備を実施するメリット

自動車整備事業者が予防整備、予知整備を実施するメリットについて解説します。

売り上げアップが期待できる

自動車整備事業者における予防整備・予知整備の実施は、売り上げアップに直結します。予防整備・予知整備によって事前に整備が必要な箇所が分かるため、顧客が定期的に整備に訪れる可能性が高くなります。それによって、安定した売り上げが期待できます。

また、予防整備・予知整備の重要性を顧客にアピールすることで、安全と信頼性を優先する層を取り込むことができ、結果的に売り上げの向上につながります。

品質に敏感な顧客や快適なカーライフを追求する層を取り込みたい事業者は、予防・予知整備の導入を検討してみてください。

顧客満足度が高くなる

予防・予知整備は故障発生の予防につながります。顧客の不安を取り除けるため、顧客満足度が高くなります。顧客満足度を高め、より深い信頼関係を築くことが容易にできます。

地域密着型の経営を行う自動車整備事業者は、自動車ユーザー一人ひとりとの接点を大切にすることが信頼に直結します。それぞれの自動車に精通し、予測可能なトラブルに対して事前に対応し、故障のリスクを減らすことが求められています。

予防整備・予知整備によってユーザーの自動車を故障しないように整備することは、ユーザーからの信頼を得られる有効な手段です。

信頼度が高まれば、口コミによって、新たな顧客を開拓する機会にも結びつきます。

競合他社と差別化ができる

予防整備・予知整備を積極的に取り入れることは、他社のサービスと差別化する大きなポイントです。

トラブルを未然に防ぐサービスは自動車ユーザーにとって非常に魅力的です。自動車整備事業者は競合他社と比べて優位になるでしょう。

競合他社と差別化するためには予防整備・予知整備のサービスを積極的にアピールする必要があります。すなわち、予防整備・予知整備が自動車ユーザーにとってどのように役立つのかを伝えなければいけません。

予防整備・予知整備では、トラブルを起こす可能性のある箇所を特定し、事前に対策することでトラブルを回避します。さらに予防整備・予知整備のプロセスと具体的なサービス内容について詳しく説明することも重要です。予防整備・予知整備の具体的なメリットを伝えることで、サービスの品質と効果を具体的に示します。

自動車整備事業者が予防整備・予知整備を実施するデメリット

自動車整備事業者が予防整備・予知整備を採用する利点は多くありますが、実施するための壁もいくつかあります。予防整備・予知整備のデメリットについて見ていきましょう。

データ分析の知識が必要

予知整備を適切に行うためには、センサーを取り付けた上で得られるデータをタブレットやパソコンで収集し、AIを活用して分析する必要があります。データの分析や故障リスクの判断基準を設定するためには、データ分析の知識が必要です。

予知整備を正確に実施するためには、整備担当者がデータ分析の手法を理解する必要があります。また、さまざまなデータを解釈し、自動車の部品状態を把握するには、豊富な分析経験と知識が不可欠です。

予知に必要となる良質なデータを蓄積する必要がある

故障の予知精度を向上させるためには、データを蓄積することが必須です。

車載センサーによって収集したデータを基に、予知整備を行います。これらのセンサーは車の動作を監視し、そのデータを送信します。AIが自動車のデータを効果的に解析し、必要な整備予測を立てるには、学習に使用するデータセットを準備することが必要です。データセットとは、予測を行うための基となる学習データのことで、一定の質や量が保たれている必要があります。こうしたデータを集めるためのノウハウが必要です。

また、データがあればあるほどよいわけではありません。分析に活用できる形へデータを加工することや、学習モデルを構築していく作業が必要で、これには、経験と知識が必要です。データを集めるだけでなく、正しく蓄積していくためにも、データ分析のスキルを身に付けておく必要があります。

故障する前に整備を行うことを納得してもらうのに手間がかかる

予防整備・予知整備の成功は、顧客に必要性を納得してもらうことから始まります。

車が故障する前に、トラブルを未然に防ぐ整備の提案を行うため、自動車の知識が少ないユーザーは、「故障もしていないのになぜ整備が必要なのか」と疑問を持ちます。

すなわち、故障の未然防止という予防整備・予知整備のメリットを自動車ユーザーに理解してもらうためには、事業者の相当の労力と時間が必要です。

具体的に理解してもらうべきポイントは以下の2点です。

  •  予防整備による中長期的なコスト削減や車の寿命延長の利点
    (定期的な検査と小さな調整を行うことで総コストを減らし、車の性能を維持することの重要性を顧客に示すことも含まれます)
  • 予期せぬ状況で故障が発生した場合のリスクを防ぐために予防整備がいかに重要か

自動車整備事業者はこの点を最優先に考え、顧客に利点を分かりやすく説明し、信頼関係を築きながら予防整備・予知整備の価値を伝えていく必要があります。

自動車整備事業者が予防整備・予知整備を実施して売り上げアップに成功した事例

自動車整備事業者が予防整備・予知整備を自社のサービスとして取り入れた結果、売り上げアップに成功した事例をご紹介します。

AI技術を使用して車の異常を事前に検知するサービスを提供した事例

新規顧客の獲得に苦労していたA社は、高い技術力とITへの関心を生かし、予防整備・予知整備サービスの導入を決定しました。

データ分析やAI技術に着手し、まずは社員の家族やその友人の車を用いてテスト運用を行いました。培ったノウハウを、車検を受ける顧客の車に適用し、高い評価を獲得しました。

A社はさらに、Webサイトやチラシを通じてサービスの広告活動を展開しました。最初は予防整備・予知整備サービスを割引価格で提供したことで、他の整備業者との差別化に成功して新規顧客の獲得へとつなげました。

予防整備・予知整備のデモンストレーションや講習会を開催した事例

地元で信頼される自動車整備事業者のB社は、予防整備・予知整備の利点を自動車ユーザーへ伝えるのに苦労していました。

その解決策として、B社は無料の自動車検査サービスと並行して、予防整備・予知整備のデモンストレーションと講習会を開催しました。抽選で選ばれた顧客に無料でサービスを体験してもらうキャンペーンを実施し、効果を試してもらいました。

最初は予防整備・予知整備の取り組みを伝えることに苦労しましたが、持続的な取り組みによって、次第に予防・予知整備のメリットを自動車ユーザーに実感してもらえるようになりました。

地域の人々の間でB社のサービスが認知されることにつながり、B社は新たな顧客を獲得するだけでなく、地域における信頼性を大いに高めることができました。

まとめ

この記事では予防・予知整備について解説してきました。予防整備・予知整備は製造業の生産現場で用いられている考え方を応用したものですが、故障や不具合を未然に察知し事故を防ぐ新しい手法として話題になっています。

これからの自動車整備は、データ活用が求められることは間違いありません。予防整備・予知整備はAI技術の進化により、今後ますます広まっていくことでしょう。新しい車社会に対応するために、予防整備・予知整備の取り組みを検討してみてはいかがでしょうか。

自動車販売、自動車整備事業者に特化した事業支援サービスを提供するビズピットでは、自動車整備工場に関するさまざまな相談を受け付けています。予防・予知整備に関する施策についても詳しく説明させていただきますので、ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

初回相談は無料ですので、集客についてお悩みの自動車整備事業者の方は、以下からお気軽にご相談ください。他にも詳細な情報が載っているホワイトペーパーを公開しております。ぜひご覧ください。

その他にも詳細な情報が掲載されているホワイトペーパーを公開しております。ぜひご覧ください。

⇩ホワイトペーパーを無料で取得する⇩
第一弾「自動車整備業界の未来 現状と今後の展望への対応について」
第二弾「自動車整備業界のDX 手間をかけずに利益を増やすITの活用」

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
目次